サックスコース

【武井努】
13624790_1441168295908799_412516348_n

大阪出身。高校時代にジャズに出会い独学にてSaxやFluteなどを習得。 大学進学とともにジャズを中心に本格的な音楽活動を開始し。
徐々に活動の場をひろげてゆき、E.D.F.やモダンチョキチョキズ、Wodden Pipe等に在籍。大学院終了後エンジニアの職に就くが、
音楽への情熱を捨てられず2001年退職。数多くのライブ、バンド、レコーディングを行いながら現在も関西を中心に精力的に活動中。
最近は自己のセッションライブの他、NHK-FMのSession 2016出演(E.D.F.)やEastWestTrioでのツアー、サポートではTHE MICETEETH、
J-M-S、ノエル・ギャラガー日本公演など多数。ピアニスト清水武志と立ち上げたレーベルFollow Club Recordでは最近10作目を発表した。
また演奏だけではなく、作曲、アレンジ、DTMも手がける。自己のスタイルを大切にしつつ、ジャンルを超えた幅広い音楽性で音楽に
アプローチする多才なプレイヤー。常々、鼻歌を歌うように演奏したい、と思っている。さらに舞台でも活動の場を広げており、吉本百年物語(2013)、
ユニバース(2013)、まことに神の造りしをんな(2015)等で音楽・演奏を担当、ろまんてぃっくdeないとぉ〜(2007, 2008)、うたかたのしあわせに(2007)
では舞台役者も務めた。

【柏谷淳】
kasiwadani
18才の時、甲南大学入学と同時にアルトサックスを始める。在学中はBigBandに傾倒、卒業後インプロビゼーションの勉強を始める。
卒業後は会社勤めをしながら活動し、2011年よりミュージシャンに転向。本格的に音楽の道を志し始める。2012年からはバリトンサックス
での演奏も始め、バリトンサックスでは珍しいスモールコンボでの活動も行っている。サックスを小曽根啓氏(as)、高橋知道氏(ts)に、
インプロビゼーション及び理論を浜村昌子氏(p)に師事する。阪神間を中心にJazzやPOPSバンドなどで活動中。

【井上歓喜】
inouekanki

大阪音楽大学短期大学部音楽専攻JAZZコース卒業。
河村英樹氏、土岐英史氏に師事。
卒業後、パーティや結婚式等での依頼演奏やバンドサポート、レッスン等の活動を開始。

popsバンドやインストバンドをいくつかやったのち、
2007年バンド「KIKUKA」に参加。初めて名古屋、東京、北海道のツアーをし成功を収める。
2010年2月オリジナルインストポップBAND「The jubilax」で活動開始。

2012年The jubilax1stアルバム「It’s mine」を発売。

2014年2ndアルバム「ignition」を発売。

2014年Sax&Brass vol.31でオリジナル曲「My dear」に関しての記事と付録CDに音源を掲載。

2015年片桐久尚(pf)率いるCOOLTONE GROOVEに参加。COOLTONE GROOVEの発売中のCD、ライブDVDに参加。

2015年10月、自身の活動10周年を記念して『井上歓喜 10th anniversaryソロコンサート2015』を地元伊丹アイフォニックホールで開催。

個人の活動ではサポートでグランキューブ大阪やビルボード大阪に出演経験あり。つるの剛士、大橋勇武、青柳誠、水野正敏、
佐山雅弘、バカボン鈴木などのアーティストとも共演している。