トランペットコース

横尾昌二郎
image1

1984年生まれ兵庫県西宮市出身。中学1年生でトランペットを始める。西宮市立学文中学校ブラスバンド部、私立北陽高等学校ジャズバンド部でビッグバンドジャズを、関西大学ジャズ研究会でコンボスタイルでの演奏を経験。中学三年~高校三年まで、アロージャズオーケストラ3rd trumpetの佐藤修氏に師事。大学在学中より、大阪・谷町9丁目の老舗ジャズクラブ『SUB』でベーシストの西山満氏からジャズを学ぶとともに、ライブ活動を始める。
2009~2014年の間、ベーシストの権上康志が率いるクインテット”ジンジャーブレッドボーイズ”で4枚のCDを発表、西は福岡、東は東京までツアーを展開し好評を博す。その間、今西佑介セクステット、浅井良将セプテット、東ともみグループなど、レコーディングにも参加。
現在は、自ら作編曲を手がける自己のジャズオーケストラ”Yokoo!BB”や、志水愛(pf)との双頭リーダーによるセクステット“ハードバップ研究会”で精力的に活動するほか、“今西佑介(tb)セクステット”、“京都コンポーザーズジャズオーケストラ”などにレギュラー参加。ビッグバンドやコンボバンドへのアレンジの提供も手がける。京阪神間のジャズクラブでの単発のギグにも多数参加。関西ジャズ協会理事。
2009年、第3回神戸ネクストジャズコンペティションで審査員特別賞を受賞